ホーム » 全新着情報一覧

全新着情報一覧

1ページ表示数:     お問合せ

17 件中 1 ~ 10件目 お問合せの新しい順に表示

2017年12月13日新書紹介:「伊能忠敬の天草測量と上田宜珍」

 文化七年の53日間に渡る肥後国天草郡(熊本県天草島)測量を「伊能忠敬測量日記」と附回役の天草高浜村庄屋上田宜珍(よしうず)の「巡廻日記」を現代語訳でコラボして天草測量の実態を説明しています。伊能測量日記に書かれていないエピソードなどもうかがい知れ、より深く測量の様子が分かります。さらに、天草の歴史(一部)・資料も附けています。

通常価格 2,560円 (自費出版)
B5版 349頁 カラー8ページ。価格には送料(360円)が含まれます。
 購入希望の方は、下記の編著者へ直接申し込んでください。
 申し込み先 〒863-0043 熊本県天草市亀場町亀川1519-1
       山 下 義 広 
       電話 090-8837-0834
       Fax 0969-24-7072

2017年12月3日伊能忠敬記念館 第89回収蔵品展

千葉県香取市佐原の伊能忠敬記念館では11月28日から第89回収蔵品展が始まりました。今回の展示では、文化元年8月1日に上呈した日本東半部沿海地図の中図の伊能家控図が3舗とも展示されています。また、第三次測量(羽越測量)の大図が6枚展示されて充実しています。特に5枚の大図が一列に並び、白河市から、会津若松、米沢、山形、新庄、横手、大曲、秋田市の手前までの街道筋をたどることが出来ます。圧巻です。

2017年11月1日デジタルスタンプラリー「伊能でGo」公開

 発表から10ヶ月経過いたしました。ようやくアップルストアの審査を通過し、公開することができました。
 本日からiPhone等のiOS端末用アプリはAppストアから、Android端末用アプリはPlayストアからそれぞれ無償でインストールできます。
「伊能でGo」はスマホとwebサーバを連携した、新しいスタンプラリーです。どのようなプレイであるかは伊能でGoをごらんください。
 なお、各ストアでは”伊能で”で検索してください。

2017年8月20日伊能測量協力者顕彰大会参加予約数が満席に達しました!

 伊能忠敬測量の事績顕彰活動の一貫として、来る2018(平成30)年4月21日(土)に開催することとしております伊能忠敬没後200年記念伊能測量協力者顕彰大会(伊能忠敬研究会主催)への参加予約を受付けて参りましたところ、お陰様でこの度、満席に達しました。ありがとうございました。
 本日を持ちまして、一応、予約の受付を終了させていただきます。なお、予約の取り消し等によって空席が出来ました場合には状況を勘案して参加をお受けできることもあるやもしれませんので、「是非とも」とお考えの方はお問合せしてみて下さい。

<顕彰大会プログラム>
第一部 伊能測量協力者顕彰式  於:学士会館(14:00~16:00)
 1.顕彰式(伊能測量協力者に感謝状贈呈、他)
 2.歓迎懇親会
第二部 記念落語会 於:千代田区立内幸町ホール
 『大河への道~伊能忠敬物語』 出演:立川志の輔
第三部 伊能忠敬法要及び伊能忠敬都内史跡巡り 4月22日
 伊能忠敬偉功記念碑(芝公園)・・終焉の地(茅場町)・・伊能測量出発地(富岡八幡宮)・・隠宅跡・・天文台跡・・源空寺(法要)

*問い合わせ先
   顕彰大会事務局 
  Tel 080-5419-8078 Fax 0475-82-8362
  mail tomura@inopedia.tokyo

2017年8月9日伊能忠敬北海道測量記念公園 着工

 当サイトでも昨年の7月3日に掲載した記事
 「伊能忠敬 北海道測量記念碑 建設基金 寄付金募集開始}
のその後であるが、いよいよ具体的に着工とのことである。
 寄付金が800万円も集まったとのこと、ありがたいことです。

 銅像の製作者は富岡八幡宮の「伊能忠敬銅像」を制作した彫刻家の酒井道久さんだそうで、デザインは「これから測量する蝦夷地に向かい、意気込みに溢れた表情」を目指しているという。
 富岡八幡宮の銅像は、
   これからの測量の第一歩
がテーマでワンカラシンを右手に持ってあるき出した姿であるが
今度は、具体的な測量が主題のようで、これも楽しみである。
 没後200年を記念するイベントも目白押しになった来たようである。

2017年5月26日伊能大図パネル展 in 佐賀県鹿島市

 佐賀県鹿島市では「完全復元伊能図全国巡回フロア展」で使用された大図「九州版」を使ったパネル展が次の通り3回にわたって開催されます。
第1回目 平成29年6月17日(土)~18日(日)
     鹿島市民体育館
第2回目 平成29年9月30日(土)~10月1日(日)
     北鹿島体育館
害3回目 平成29年11月11日(土)~12日(日)
     七浦海浜スポーツ公園体育館
 
 
 

2016年7月3日伊能忠敬 北海道測量記念碑 建設基金 寄付金募集開始

 伊能忠敬が江戸時代に日本地図を作成するため全国の測量を行った際、測量隊の第一次蝦夷地測量が、実質的には北海道松前郡福島町吉岡からスタートしております。
 北海道松前郡福島町では、この歴史的偉業を後世に伝えるため伊能忠敬北海道測量記念碑を建設することになりました。
 そのため、「福島町伊能忠敬北海道測量記念碑建設基金」を創設して、没後200 年となる平成 30 年に記念碑を建立することを目指し、全国の賛同者からの寄付金の募集を開始致しました。(マスコミでも報道済み)
 当「伊能忠敬e史料館」サイトに御寄り頂いたことは、伊能忠敬先生の偉業が導いてくれたものと信じます。その偉業を後世に語り伝えるシンボルとなるに違いない記念碑の建立を、皆様の浄財で確かなものにしていた抱ければとお願いする次第です。 

福島町伊能忠敬北海道測量記念碑建設基金をご覧下さい。

2016年3月15日人物DBご連絡一覧紹介

伊能測量旅程・人物全覧DBを公開してから、ご連絡をいただいた内容と当伊能忠敬e史料館のコメントを「人物DBご連絡一覧」公開しました。
 この他、お問合せなど多く寄せられ、その中から公開できる事項を選択しました。

2016年2月15日伊能測量に係わった方々のデータベースを公開

 忠敬没後200年祭記念・伊能測量関係者交流顕彰発表会 (仮称) の開催に向け、伊能測量に係わった方々からの埋もれていた情報を収集して、没後200年記念史料集に纏める活動を始めたことがプレスリリース(共同通信)されました。伊能測量に係わった方々(延べ12,000人)のデータベース検索、伊能測量旅程・人物全覧を公開しました。

2015年11月23日「解読 伊能忠敬測量日記」全巻CD-ROM発売

 完成記念特価25,000円(定価51,500円)で販売中です。
 なお、解読版測量日記印刷本を御希望の方は、イノペデイア編集幹事までお知らせください。


▲このページのトップへ